美しい河を求めて・・・

私は今、神の河を探して世界を旅しています。宗教的なものではなく、すっごく美しい河のことです(笑)

イタリア旅行。
成田からトルコのイスタンブール経由で最初の目的地であるイタリアのミラノへ。
毎年どこかへ海外旅行をしてきましたが、ヨーロッパへ旅行するのは初めてでしたので、ワクワク・ドキドキ、とても楽しみにしていた旅行でした。

トルコ航空で行ったので、先ずはイスタンブールでトランジット。
一度飛行機を降りて、一時間強イスタンブール空港で待機。
そしてミラノ行きの飛行機に乗り換えて、いよいよイタリアに向かいました。
夜遅くに目的地のミラノ空港に到着。
遅いフライトでしたので、既に到着便はほとんど無く、イミグレーションカウンターも閑散としていました。
長時間のフライトで疲れていましたから、空いていて良かったと思いました。
早くホテルに着いて就寝したいと思っていました。

イミグレーションカウンターに並び、バッグからパスポートを出そうとしたところ、パスポートが見つからないのです。
嘘でしょーと思い、列を離れてバッグの中をしらみつぶしに探しましたが、どこにもありません。
そんなはずはないのです。
イスタンブール空港でトランジットした時、ミラノ行きの飛行機に搭乗する際に、手荷物検査場の前でパスポートを見せたのはしっかり覚えていたからです。
少なくともイスタンブールまでは確実にパスポートがあったのに、ミラノに着いたら、それがなくなっていました。
頭の中が真っ白になりました。
搭乗した便から降りた人たちは皆イミグレーションを通過して、カウンター内には私一人になってしまいました。
空港係官がやってきて、対応してくれました。
搭乗機にも連絡し、機内を探してもらいましたが、ありませんでした。

すると、係官から入国させるわけにはいかないので、出発ロビーの電気をつけておくので、そこで一晩過ごして、明日の便で日本に戻る様に指示されてしまったのです。
愕然としました。
夫婦で初のヨーロッパ旅行でした。既に主人は入国していましたが、係官に事情を説明して、イミグレーション内に戻ってくれました。

ツアーでしたから、他のツアー客の人たちは添乗員さんと共にホテルへ。
添乗員さんからは、ミラノの代理人に連絡しているので、明日携帯電話に連絡が入ると言われましたが、不安なままに空港内で一晩過ごしました。

翌朝、旅行会社のミラノの代理人という女性が飛んできてくれまして、日本領事館に連絡してくれて、領事が空港に来てくれました。
すると、私の個人情報を細かく聞かれて、パスポートを申請した時の書類と内容を付け合わせて、私であることを領事として確認してくれました。
そして、空港係官に日本政府として身元を保証するので入国させてくれたのです。

すぐさま日本領事館に一緒に行き、日本に帰国するだけの渡航証を発行してもらいました。
結局、ミラノ観光することもできずに、イタリア初日はこの手続きで棒に振ってしまいました。

そして、ここからが又大変でした。
既に私の参加していたツアーは、ミラノからヴェネチアに移動しているので、ミラノ中央駅からユーロスターに乗ってベネチアへ。
そしてホテルに向かいました。
イタリア語など、まるで離せない夫婦二人で、夜のユーロスターに乗って、ホテルまでたどり着きました。

一週間のイタリアの旅は、パスポートを紛失してしまい、飛んだ珍道中になりました。
ミラノ観光はできなかったものの、忘れられないイタリアの旅になりました。

 

最近松本市の女性専用脱毛サロンに行きました。

長野県松本市に住む45歳の主婦です。

私は自分が女性に生まれて良かったと感じています。
なぜかと言えば、女性の方が断然男性よりもお得なことが多く、様々な経験ができるからです。

身近な所からいえば、外食に行くと『レディースセット』というものがあり、おかずからデザートまでセットになって、かなりお得に食べる事が出来ます。たぶん男性は頼んではいけないでしょうし、頼みづらいという部分もありますよね。

あとは、美容にお金をかけて自分を変えることができること。私はエステや美容院が大好きです。このあいだも、脱毛サロンのカウンセリングに行ったばかり。松本市にある女性専用サロンを探してカウンセリングに行っています。

私が参考にしているサイト↓↓
http://xn--7stw7r9g47mjm6a.jp/

そして何と言っても、女性は一つの人生で妻や母になる事が出来るのが魅力だと思います。確かに男性も夫や父になりますが、それとは違う意味合いの物だと思うのです。特に妊娠や出産と言うのは男性がいくら望んでも絶対に出来ないので、様々な経験が出来る女性の人生は素晴らしいと思います。

しかし、その『様々な経験』が時には苦しいと思う事があるのも事実です。男性のように仕事に打ち込みたいと思っていても、周囲からは結婚しない事で色々と言われますし、いざ結婚してみると家庭と仕事を両立させるにはかなりの体力的な負担があります。よく仕事と家事と子育ての全てを行っている女性が居ますが、この国にはそれを支える制度が無いので、無理があるのが現状です。

すべての女性が『女性に生まれて良かった』と思えるような世の中になれば、もっと女性として人生を謳歌できると思うので、そのような国になって行くと良いなぁと思います。

私の友人の女性ですでに主婦になった人がいるんですが、家計が苦しくて主婦でも借りれるローンを利用しているという子がいます。何でも、欲しいものを主人のが働いてもらった給料は使いづらいので、お金を借りて使っているという事でした。

こういうところからも女性はちょっと弱い立場にあるんじゃないかなと思うところもあります。彼女だって家事や育児を毎日頑張っているんだから、気にせず使ったらいいと思うんですけどね。